脳ドック画像結果を当日脳外科専門医がご説明できます!(金曜9時-10時30分枠・土曜9時-10時30分枠限定)

当院は金曜午前・土曜午前に脳外科医師が診察をしています。
脳ドックを金曜9-10時半・土曜9-10時半のお時間帯でご予約を頂いた方には、脳の画像結果を当日ご説明することも可能です。
脳ドックは是非このお時間帯でご予約ください。

なお当院は、
・名古屋⼤学医学部脳神経外科 脳とこころの研究センター
・医療法⼈偕⾏会名古屋共⽴病院放射線外科センター、集束超⾳波治療センター
との連携施設です。
当院で脳ドックを受けて、万が一、治療すべき脳病変を認めた場合にも、すみやかに精密検査へとご案内させていただき、各疾患に応じた最新の治療機器を⽤いて迅速な治療を受けることができますので、安心して脳ドックをお受けいただけます(精密検査例:3次元CTアンギオ検査・3次元脳⾎管撮影・陽⼦線診断検査(PET)など)。

連携施設紹介
〜名古屋共⽴病院 放射線外科センター・集束超⾳波治療センター〜
“切らずに治す”低侵襲治療装置として、以下の医療機器を備えた施設です。
●集束超⾳波治療装置(FUS)
 適応疾患︓本態性振戦(ふるえ)、パーキンソン病(本年夏ごろ保険収載予定)
●定位的放射線治療装置(ガンマナイフ、ノバリス)
 適応疾患︓転移性脳腫瘍、脳動静脈奇形、三叉神経痛、原発性脳腫瘍(聴神経腫瘍、髄膜腫、下垂体腺腫、神経膠腫、など)
●novoTTF(オプチューン︓交流電場腫瘍治療システム)
 適応疾患︓膠芽腫